qrcode.png
http://www.tanimura.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社 谷村建設
〒941-0058
新潟県糸魚川市寺町1-6-35
TEL.025-552-1800
FAX.025-552-7876
074775
 

基本方針

   
ご挨拶
  弊社は1938(昭和13)年の創業以来、地域の発展の為、そこに暮らす人びとの為、時代のニーズに応じて様々な建設事業に携わってまいりました。
製材業から始まり、建築、土木と事業を拡げ、難事業「姫川港建設」を成し遂げた歴史は、「地域やお客様の期待に応え、一生懸命に取り組んでやりとげる」社風として今に息づいています。
 
 建設業は街をつくると同時に街を守る使命を持ちます。弊社も万が一の有事に対応できる底力を蓄える為、人材確保・育成を積極的に進めてまいります。また、時代の流れに柔軟に対応しつつも、物事に一生懸命取り組み、お客様から信頼され、必要とされる企業でありつづけたいと考えております。
 
谷村建設は、建設会社として「技術」を磨き、築き上げた「信頼」をもとに、更なる成長を目指して、役員・従業員が一丸となって社業に取り組んでまいります。                                             
         代表取締役社長 卜 部 友 典   
   
社  訓
   
企業方針
 
谷村グループは人を育てる企業になる
 
“人間が企業を育て、企業が人間を育てる”とはよく言われることですが、当社は経営の三大要素である『ひと・もの・かね』の内『ひと』に最も重きを置いた経営に取り組みます。
 
 
谷村グループは地域社会に貢献する企業になる
 
大都市圏や海外へ進出するのではなく、本社所在地のある糸魚川をはじめ、上越・新潟・佐渡など日本海沿岸の地方都市に特化し、“地方の時代”にふさわしい「まちづくり」や「地域社会活性化」に積極的に取り組みます。
 
 
品質・環境・労働安全衛生方針
(1)顧客満足度の向上
当社は適用される要求事項を満たし、信頼に応える「確かな技術」と「誠実な施工」により、優れた構築物を提供することで、顧客満足の向上に努めます。
 
(2)法規制等の順守
当社は、企業活動において事業を展開する上で適用され法規制等を順守し、事業活動における適正な品質及び施工体制の確保、環境負荷の低減、汚染の予防、より良い環境の創造、安全衛生管理活動の推進に努め、品質・環境・労働安全衛生に配慮した取組みを実践します。
 
(3)品質・環境・労働安全衛生マネジメントシステムの継続的改善
適正な品質確保による顧客満足の向上、汚染の予防、持続可能な資源の利用、気候変動の緩和及び気候変動への適応、生物多様性及び生態系の保護、労働災害の撲滅への取組みを実践するため、以下の事項に取組みます。
また、マネジメントシステムの運用が様々な取組みに対し有効に働くよう、継続的な改善を実施し、パフォーマンスの向上を図ります。
①顧客満足向上のための目標値を設定して取り組む
②報告・連絡・相談を徹底する
③苦情・クレームには誠実に会社で対応する
④人材の確保と育成
⑤専門技術、管理技術の向上
⑥SF報告を水平展開し再発防止を図る
⑦資源・エネルギーの効率改善推進
⑧事業に関わる有害物質による汚染の予防
⑨気候変動による災害への対応とまちづくりへの貢献
⑩企業活動の中でのすべてのリスクを無くすべく邁進する
 
(4)労働安全衛生への取組み
当社は快適な職場環境を作り上げ、事故を職場から永遠に排除するため、労働安全衛生活動を常に見直し、関係法令を順守し、安全で、働きやすく、健康的で、明るい職場づくりに努めます。
 

反社会的勢力に対する基本方針

反社会的勢力に対する基本方針
 
 谷村建設は、当社グループ(谷村建設及び関連会社を含む)が、地域社会の一員として健全な地域社会を形成することが企業の社会的責任であると考えます。地域社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力との関係を遮断し、公共の信頼を維持して健全な企業経営を実現します。
 
■組織としての対応
経営トップは、反社会的勢力を断固として排除する決意を明確に示し、経営トップ以下組織全体として反社会的勢力に対応します。また、対応する従業員の安全を確保します。
 
■外部専門機関との連携
反社会的勢力との対応に備え、平素から警察、弁護士、暴力追放運動推進センター等の外部専門機関と緊密な連携を構築していきます。
 
■取引を含めた一切の関係の遮断
反社会的勢力とは一切の関係をもちません。
・工事の請負等、契約を締結する際は暴力団等排除条項を規定化します。
・不当な利益をもたらす恐れのある寄付金・賛助金の提供や機関紙・物品の購入等、名目の如何を問わず、不適切な取引には絶対に応じません。
・反社会的勢力による不当要求が、事業活動上の不祥事や役職員の不祥事を理由とする場合であっても、事実を隠ぺいする為の裏取引や資金提供は絶対に行いません。
 
■不当要求時における民事と刑事の法的対応
反社会的勢力による不当要求がなされた場合は、積極的に外部専門機関に相談し、民事、刑事の両面からあらゆる法的対抗手段を講じて対応します。
<<株式会社 谷村建設>> 〒941-0058 新潟県糸魚川市寺町1-6-35 TEL:025-552-1800 FAX:025-552-7876