qrcode.png
http://www.tanimura.co.jp/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社 谷村建設
〒941-0058
新潟県糸魚川市寺町1-6-35
TEL.025-552-1800
FAX.025-552-7876
025893
 

ニュース

 
フォーム
 
糸魚川白嶺高校の生徒が職場見学に来られました
2018-06-21
今年も、新潟県立糸魚川白嶺高等学校の生徒さん(1年生30名)が、授業の一環で当社に職場見学にこられました。

当社は建設業を営んでいるため、職場見学となると必然的に「事務所」ではなく、建設中の「工事現場」を見ていただくことになります。今回は5月に上棟された「重寿し」様新築工事現場にて実施しました。

現場代理人から「建築施工管理職」の職務や本工事内容の説明を受け、内壁が張られる前の建築現場を見学といったコースです。

本現場には今春高校を卒業したばかりの女性の建築技術員も担当しているのですが、彼女の「なぜこの職業を選んだのか?」という説明には、年齢も近いこともあり真剣に聞き入っている生徒さんの様子が印象的でした。
同僚である我々も彼女のこの仕事に対する熱意を聞き、初心にかえり日頃の業務への対応を振り返ることが大切であると学ばせてもらいました。

現場担当の3名も仕事の合い間をぬって高校生向きの資料を作成したり、説明の打ち合わせをする中で連携やコミュニケーションを深めることができ、私達にとっても意義のあるものとなりました。
 
 
「重寿し」様新築工事の上棟式(餅まき)を行いました
2018-05-24
 5月22日、「重寿し」様新築工事において、上棟式を行いました。
祭祀では、当社ACチームの棟梁による祝詞奏上を行い、無事棟上げしたことに感謝して、建物が末永く無事であるようお祈りしました。
その後は「餅まき」が行われ、晴天の下、子供を交えた多くの人が集まり、明るく賑やかな声が周囲に響き渡りました。
 施主様が楽しみにしている新店舗でのオープンに向けて、安全に丁寧に工事を進めてまいります。
 
なお、当日の様子は24日付の新潟日報にも掲載されました。
 
TSC(谷村スポーツクラブ)始動しました
2018-05-16
5月11日 今年度の練習始めとして美山球場で紅白戦を行いました。
今年は念願だったピッチャーに新入社員が加わり、その投球に一同期待が高まりました。
今年初の野球でしたが、好プレー珍プレーに大いに盛り上がり、建設業協会の野球大会優勝に向けて一致団結することができました。
部員も増え、選手層も厚くなったので、今年のTSCは面白くなりそうです。乞うご期待!(笑)
 
平成30年度入社式を行いました
2018-04-04
4月2日 谷村建設の新入社員3名の入社式を行いました。
社長より「失敗を恐れずチャレンジすること、ルールを守ること、挨拶をしっかりすることなど、当たり前のことを確実に実行することが成功する近道です」として訓示がなされました。
建設産業の人手不足が続く中、入社した貴重な新戦力を社員一同歓迎して、これからの大いなる活躍を期待します。
 
2019年春 新卒採用活動スタート!
2018-03-15
 2019年春 新卒採用活動がスタートしました。
当社では、各種合同企業説明会に参加しております。また、本社糸魚川での会社説明会や会社訪問も受付をしております。
 
学生の皆さん、就職活動ご苦労様です。
興味や相談などあれば、お気軽に連絡ください。多くの皆さんとの出会いをお待ちしております。
 
採用情報について、詳しくはこちらから
 
「工事安全対策 技術研究発表会」奨励賞受賞
2018-03-02
この度当社土木技術者 扇山大輔が、高田河川国道事務所工事安全対策協議会主催の「第27回技術研究発表会」において奨励賞を受賞しました。
(発表総数57件中、優秀賞2件、奨励賞8件)

論文テーマ:「鉛・低濃度PCB含有塗膜の素地調整について」
工事名:姫川大橋耐震補強外工事
 
「施工事例」のテーマとして、廃棄物の減量化に対する工法検討と鉛通達に基づき作業場で行った措置について発表しました。
今後、現場での課題・問題点とその解決へのプロセス、結果として効果が得られ、他工事での汎用性につながると高い評価を頂きました。
今回の受賞を励みに社員一同切磋琢磨し、より一層の安全管理・品質向上に邁進致します。
 
※論文はこちらから
 
造船中「第五長門号」の近況状況
2018-02-02
先日もお伝えしましたが、現在造船中の「第五長門号」についての近況です。
 
左から 写真① 台船部分(撮影H30.1.29)兵庫県 富士海事工業たつの市造船所にて
    写真② クレーン部分(撮影H30.1.30)香川県 SKK多度津工場にて
    写真③ スパッド搭載(撮影H30.2.1)
        ※スパッド(赤白の棒)=杭を海底に突き刺し船の位置を固定する装置
 
~今後の予定~
 H30.2.15頃 台船を兵庫県 富士海事工業たつの市造船所から香川県 SKK多度津工場へ回航
 H30.2.27頃 台船にクレーンを搭載
 
 
安全祈願祭を執り行いました
2018-01-12
1月12日(金)午前10時30分より、安全祈願祭を糸魚川市天津神社にて執り行いました。
糸魚川は大寒波で大雪となったため、除雪作業に従事している社員以外での祈願祭となりました。
神職の祝詞奏上につづき、渡邊社長以下関連会社役員と協力会社代表の10名が玉串を奉典しました。
最後には社員・協力会社の代表による「安全の誓い」の読み上げを行い、本年の無事故・無災害を願い、一層の安全意識の向上を祈願致しました。
 
 
糸魚川駅北大火から一年
2017-12-22
 糸魚川市大町 加賀の井酒造様建設工事の現場にイルミネーションを取り付けました。
地元の新潟焼山を模した頸城の山々に星が流れる構図で、夜の現場を明るく彩っています。
 
12月22日は、各種イベントが催されて、にぎわい創出広場や駅前通りヒスイロードでもイルミネーションが点灯されました。
復興に向けて動き出した街を明るく照らしています。
 
 
新浚渫船の進水式を執り行いました
2017-12-04
11月3日、建造中の「グラブ浚渫船」の進水式を執り行いました。
 
晴天の下、弊社社長の斧によって支綱から解き放たれた船体は、豪快に進水台を滑り下り、無事海上に進水しました。
「第五長門号」と命名した新浚渫船は、このあと歩行式スパッドなど様々な設備が装着されて、1月頃にはグラブバケットを吊る大型クレーンが据え付けられます。来年3月に完成後、日本海側に曳航して各港湾工事で稼働する予定です。
 
<<株式会社 谷村建設>> 〒941-0058 新潟県糸魚川市寺町1-6-35 TEL:025-552-1800 FAX:025-552-7876